--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.23

構造と意匠、不可分なるもの

Category: 構造一般
前回の記事では「見せるブレース」について書いた。ブレースと言えば以前ここでも触れたように、日本の伝統的な木造建築ではブレース(筋違)は通常使用されない。

だが、建築史の本を紐解いてみると、日本の木造建築でもかなり古い時代に筋違が使われている例を見つけることができる。例えば、文献 1 には、法隆寺舎利殿絵殿の筋違が示されている(下図は文献 1 の2.61図(p.220)を参照して筆者が作成)。

art140_fig.jpg


本文の方は以下の通り。

長方形を変形させないためには、筋違を入れて、三角形を構成することがもっともいい。このことは、中世の工人にも、経験上から知られたのであろう。たとえば、1219年の法隆寺舎利殿絵殿には壁に筋違が用いられている。また同じころ修理された伝法堂にも、このとき筋違を入れている。(なお、文献では1179年の東寺文書に筋違が見えている)。

1219年と書かれているので鎌倉時代である。その後筋違が広まらなかったのは、下記に示すように意匠上の理由からだそうである。

筋違の発見は、日本建築構造上の、画期的なことがらであった。しかし、それは広く用いられるに至らなかった。日本建築は真壁であったから、太い筋違を入れると、壁に筋違に沿って亀裂がはいる。水平垂直の二方向の線からできている日本建築に、斜めの線が入ることは、意匠上はなはだまずい。このため、筋違は小屋組にのみ用いられるようになった。

上記では意匠上の理由で筋違が廃れたことになっているが、構造その他の観点からも検討されて総合的に判断されたのではないかと想像する。南出孝一著「建築柔剛論争」でもこの法隆寺舎利殿絵殿の筋違が紹介されている。筋違の使用が広まらなかったことは、構造的に見れば柔構造形式が選択されたことを意味する。かなり重要な分かれ目であったと言えるかもしれない。

宮大工の棟梁は、意匠だけあるいは構造だけを考えれば済むといったものではないのはもちろんであろう。舎利殿、絵殿の筋違ではないが、最後の宮大工と呼ばれた西岡常一氏の「木に学べ」に法隆寺の金堂の屋根について面白い話が出ているので以下にそれを示そう(文献2 p.174、第六章 棟梁の言い分)。

法隆寺の金堂の屋根のことですが、これが創建時は"錣(しころ)ぶき"になっていたんやという学説ですけども、これは創建時はそうやなかったとわたしの調査でわかったんです。ところが学者は、そうやない、玉虫厨子と同じ錣ぶきやったはずだというんです。

玉虫厨子は錣ぶきという形の屋根なんです。学者がいうのは"様式論"なんですな。玉虫厨子のような反りのはずだというんですが、玉虫厨子は工芸品で、小さいからどないにでもなるんです。建築というのは軒が立つというと大きな桁がずんと下に入ってますから、そんな反りはできませんのや。

中略

現場で組みあげて見せて、こうしかならん。「これでも錣ぶきだと言われますか」と言いましたら、誰も何も言わずに帰ってしまわれた。大工に負けるのがかなわんさかいな。

現代では、学問の世界でも実務の世界でも専門化、分業化が進んでしまっている。全体を俯瞰する目を持つのはなかなか難しそうだ。

法隆寺から話が随分と飛ぶが、つい最近代々木競技場を世界文化遺に押すための団体が結成されたことが報道されていた。筆者が構造美という言葉と共に真っ先に思い浮かべるのがこの代々木体育館である。設計者は伝統的な日本建築を意識して設計したわけではないのに、出来上がってみると実に日本的な雰囲気を持つ建築になったと言われている。

その話も大変興味深いが、代々木体育館には他にもいくつか逸話めいた話がある。その一つが、意匠設計者の丹下健三の方が構造のことを頻りに気に掛け、逆に構造を担当していた坪井善勝が意匠のことばかり気に掛けていたというものである。

これはお互いがお互いを信頼していなかったということではなくて、自分の担当外についても十分に気を配るくらいでないと良い建築は生まれないということを言っているのだと思われる。


参考文献

  1. 太田博太郎ほか: 新訂 建築学大系 4-I 日本建築史、彰国社 1968

  2. 西岡常一: 木に学べ、小学館 1988



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
11.12

構造が意匠になる時?

Category: その他
もう数年も前のことになるが、インドネシアの某施設建設プロジェクトに参加された土木系のとある先生から完成した施設の写真を見せてもらったことがある。青々とした美しい山の斜面に巨大な配管がむき出しで敷設されていて、これぞ環境破壊と呼べるような様相を呈していた。

その先生が仰るには「彼らはこういうのがバーンと見えてる方が「どや、俺たちはこんなすごいもん作れるんや」と誇らしい気持ちになるんですよ」とのことで、景観保全などそんなに気にしなくてもよいという口ぶりであった。

筆者はその時その意見には賛同できなくて「先進国目線で勝手に決めつけていないだろうか?」と内心訝しく思ったのだが、その後だんだんと筆者の心境も変わってきた。その先生が仰っていたことも強ち外れてはいないのかも、と思うようになったのである。

もちろん環境破壊が良いとかいうことではなくて、人々が建物や構造物の外観に求めるものは、社会的な背景などの影響を知らず知らずのうちに受けているのだなと今更ながら思い至った訳である。

以下は"社会的な背景"の影響というわけではないので性質が異なるかもしれないが、意匠センスが変わってきている例と言えないだろうか。

一つ目の例は、某所で撮影した商業ビルの写真である。

art139_fig1.jpg

ショーウィンドウであるガラス張りの大きな開口部にブレースが目立つように設置されている。まるでブレースを展示しているのかと見紛うほどである。光を浴びたその外観はスッキリとしていて、美しいと言えなくもない。見せることを意識してデバイスが選択されたのではないだろうか。

次の写真は某大学内で撮影したものである。

art139_fig2.jpg


見ての通り鋼ブレースで耐震補強されている。ブレースを隠そうと思えば隠せると思うがそうしていない。それどころか目立つ赤色である。敢えて見せるようにしていると思われる。

小学校などでも後付けのブレースを配置した校舎を最近よく見かける。教室の窓を太い部材が斜めに塞いでいるので、中にいる生徒は眺望が遮られて嫌な思いをしているのではないかと気になるが、力強く頑丈そうに見えるので案外父兄受けはいいのではないだろうか。

本来無粋であったものが格好よく見えるほどに美的感覚が変わってきた、とまでは言えないかもしれない。だが、安心感ならぬ"安心観"を無意識に優先するようになってきているとも思えるのである。



Comment:0  Trackback:0
2016
11.02

おばけ煙突のあった頃

Category: 構造物探訪
先日テレビのニュースを見ていたら、漫画の「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が最終回を迎えたと報道されていた。筆者はあまりちゃんと読んだことがないのだが、次の日の全国紙にも同じことを伝える記事が出ていたので、「こち亀」とは実に国民的な漫画なのだなと知らされた次第である。

著者の秋本治氏が、記者から「一番思い出に残っている作品は?」と聞かれて、「「おばけ煙突が消えた日」です。」とコメントされていたので、少し驚いてその作品を是非読んでみたくなった。

このおばけ煙突の設計者が東京タワーを設計した内藤多仲であることを知っている人は、ちょっとした構造通と言えるかもしれない。

内藤多仲の「日本の耐震建築とともに」には、「内藤多仲ってこんなものも設計してたの!?」と筆者が初めて読んだ時に驚いたものが幾つか出ているが、おばけ煙突はその筆頭といえるものであった。東京のシンボルとかつての下町のシンボルの設計者が同じとは、それまで思いもよらなかったのである。

おばけ煙突についての記述は、「建築家の喜びと心配」と題した節に出てくる。以下にその部分を示そう。

またおばけ煙突のニックネームで広く東京の下町っ子に親しまれてきた、東京電力千住火力発電所の四本煙突も長い年にわたって無事故を通してきたが、これも私の設計で興味の種だった。大正十五年にでき上がったものだが、発電機の老朽化のため全建築を今年(昭和三十九年)の八月から、ついに取りこわし始めた。

この煙突の異名は煙突の位置がヒシ形になっているために、見る方向と場所によって一本に見えたり、二本、三本、四本といろいろに見えるので、付近の人たちが誰いうともなく"おばけ煙突"と呼ぶようになったのである。現在この煙突の取壊し中で損傷の程度を見たくて行って見たが案外サビが少なく老朽どころかまだ中年程度であった。

この「一本に見えたり、二本、三本、四本といろいろに見える」ことにいたく興味をそそられていた筆者は、おばけ煙突がかつてあった場所にモニュメントがあるのを知って、別件で近くに行った時にわざわざ見に行ったことがある。その際に撮った写真があるので以下に示そう。

art138_pic1.jpg

4本並んで立っているのが煙突のミニチュアモデルで、手前の曲線を描いている物体が本物のおばけ煙突の一部を輪切りにして作ったモニュメントである。当然だが銭湯なんかで見る煙突と比べてえらく大きかったと記憶している。正確なサイズは分からないが、直径4メートルくらいはあっただろうか。

ついでに寄っただけのこともあって、携帯電話でしか撮影できなかったのは残念である。小雨が降っていたせいか、今見るとカラー写真なのにモノクロのような出来栄えになってしまっている。遠くにある東京スカイツリーも見えにくいがうっすらと映っていて、本来なら「五本に見える」はずだったのだが。。。

モニュメントの説明プレートも以下に載せておこう。

art138_pic2.jpg

説明文中に「... 4本の煙突が、左図のように薄い菱形に配置されていたため...」と書かれているが、この"左図"を以下に示しておく。やや見にくいかもしれないが、○の中に「煙突」と縦書きされた4つの丸印が煙突の位置を示している。ここまで潰れた菱形であれば一本にも見えたことが納得できる。

art138_pic3.jpg

説明文の末尾にあるように、ミニチュアモデルは縮尺1/20である。植え込みの中に立てられていたので、4本の回りをぐるっと歩いて見え方の変化を確認することはできなかった。

筆者はもちろん現役のおばけ煙突を見たことはない。子供の頃何かの本で読んで、そのネーミングと見かけの本数が変わることを面白く感じたことを、上述の内藤多仲の本を読んで思い出したのである。

それにしても、工場の煙突というどちらかと言うと醜悪な部類の構造物が市民に愛着を持たれたとは意外な感じがしないでもない。当時はまだ高い建物や構造物が少なくて目立っていたということがあっただろう。また、成長の上り坂にいた人々が開発や発展に対して持つイメージが、現代の人たちが抱くネガティブなものとは大分違っていたというのもあったのではないだろうか。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。