FC2ブログ
2018
03.29

光譜とは?

Category: 用語
前回までの記事の内容はちょっと具体的過ぎて、まだ続きを書いていたのだがさすがにお腹いっぱいという感じがしてきたので、今回は一転してどうでもよい話を書いてみよう。。。

今年の初め、年が明けてまだあまり経っていない頃だったと思うが、IT 関連のニュースサイトを見ていたら、某 I 社製の CPU に脆弱性が見つかったとの記事が載っていた。何でもこの脆弱性を悪用することで、外部から本来アクセスできないメモリにアクセスして情報を盗み出すといったことができるようになるのだそうである。

見つかった脆弱性の種類には幾つかあって、そのうちの 2 つはメルトダウン(Meltdown)とスペクター(Spectre)という名前の脆弱性に分類されるのだそうだ。詳細は素人の筆者にはチンプンカンプンだが、この件を受けて I 社の株価は急落したそうだから、コンピュータの世界は何に足元を掬われるか予見するのも難しい恐ろしい世界であることはよく分かった。

記事を読みながら何か引っ掛かりを感じていたのだが、その違和感が記事の内容とは全く関係の無いところから来ていると分かるのに少し時間がかかった。

違和感の正体はスペクターの綴りなのであった。

Specter と書かれていれば特に気にならなかっただろうが、er ではなく re となっている。末尾の re が筆者の無意識的視覚を刺激したようだ。末尾が re となっているのは何か理由があるのだろうか?

イギリス人の書いた英語を読んでいると、末尾が re と綴られているもの(center ではなく centre のように)によく出くわす(いや、そもそもこちらが本家なのだろうが)。

Online Ethymology Dictionary の -re の説明を見ると以下のようになかなか面白い説明が出ている。

word-ending that sometimes distinguish British from American English. In the U.S., the change from -re to -er(to match pronunciation) in words such as fibre, centre, theatre began late 18c; under urging of Noah Webster(1804 edition of his speller, and especially the 1806 dictionary), it was established over the next 25 years. The -re spelling, like -our, however, had the authority of Johnson's dictionary behind it and remained in Britain, where it came to be a point of national pride, contra the Yankees.

Despite Webster's efforts, -re was retained in words with -c- or -g-(such as ogre, acre, the latter of which Webster insisted to the end of his days ought to be aker, and it was so printed in editions of the dictionary during his lifetime). The -re spelling generally is more justified by conservative etymology, based on French antecedents. It is met today in the U.S. only in Theatre as an element in the proper names of entertainment showplaces, where it is perhaps felt to inspire a perception of bon ton.

アメリカ人のウェブスター(Noah Webster)が発音に合うように er と綴るべきと主張したが、イギリスではこの書き方は浸透しなかった。アメリカ人(ヤンキー)とは逆のことをするのがイギリス人のプライドなのだそうだ。関西人がどこでも関西弁で通そうとするメンタリティーと似ているのかもしれない。

また、re のルーツはフランス語にあるのでハイソ(bon ton)なイメージを与える、とも書かれている。下品な言葉使いを詫びる時は Excuse my French と言うのだから随分と両極端である。イギリス人の屈折した感情の表れかもしれない。

ずっと以前の記事でジョサイアコンドルの呼び方がコンダーでないことに疑問を呈したが、ひょっとすると Condre と綴ることに関係があるのかも知れない。ローマ字読みすればコンドルに近くなるし、イギリス人独特のくぐもった発音ならコンダーよりコンドルと聞こええなくもない。推測でドイツ語読みと書いたがこれは間違いだったか。。。

ところで、この spectre の綴りを見ていると、ひょっとしてこの言葉はスペクトルと関係があるのではないかと思えてきたのでちょっと調べてみた。というのも、英語では単数形はスペクトラム(spectrum)、複数形はスペクトラ(spectra)なのになぜ日本語ではスペクトルと言うのだろうと以前から何となく気になっていたのである。

Online Ethymology Dictionary で spectrum の説明を見てみると、予想通り specter と近い関係(そのものと言ってよいくらい)の言葉であることが分かる(下記)。

1610s, "apparition, specter," from Latin spectrum (plural spectra) "an appearance, image, apparition, specter," from specere "to look at, view" (from PIE root *spek- "to observe"). Meaning "visible band showing the successive colors, formed from a beam of light passed through a prism" first recorded 1670s. Figurative sense of "entire range (of something)" is from 1936.

見えるものや見ることを意味し、"光のスペクトル"は 1670 年代から使われだしたそうである。比喩的な意味の"(何かの)全範囲"は 1936 年からなのでかなり新しい。この情報からだけでは推測の範囲を出ないが、上記の「コンドル仮説」と同様、specter ならぬ spectre が日本語での呼び方:スペクトルの由来かもしれない。

Spectrum に限らず、単数形が -um、複数形が -a の単語はラテン語由来である。建築の分野だけで(芋蔓式に)思いつくものを挙げてみると結構たくさん見つかる(下記)。

アトリウム(sg. atrium, pl. atria)
オーディトリアム(sg. auditorium, pl. auditoria)
アクアリウム(sg. aquarium, pl. aquaria)
プラネタリウム(sg. planetarium, pl. planetaria)
サナトリウム(sg. sanatrium, pl. sanatria)
などなど。。

力学関連だと、釣合い(sg. equilibrium, pl. equilibria)、連続体(sg. continuum, pl. continua)、地層(sg. stratum, pl. strata)(これは地盤関連か)なんてものも思い出す。大体どれも単数形の呼び方が採用されている。複数形で思い付くのは(建築には関係ないが)アジェンダくらいだろうか。

普通、日本語では単数と複数の違いは意識されない。この点は英語などに比べると雑な言語である。以前の記事のタイトルで「建物たち」と言う表現を使ったが、名詞の複数に"たち"を付ける手法は大江健三郎を真似たものである。

一方で日本語にはカタカナがあるので外来語を柔軟に採り込めるというメリットがある。余り安易にカタカナ表記で取り込むと言葉が冗長になったりするので諸刃の剣でもあるのだが。

スペクトルを漢字で表すとしたらどんな漢字を持ってくるのがよいだろうか?

つらつらと考えてみたものの良い漢字を思いつかないので中国語でなんと呼ぶか調べてみると、「光譜」という字が当てられていたので感心してしまった。

「光」という字は意味を限定する嫌いがあるが、この言葉の歴史を反映しているし、「譜」という字と組み合わされて"光の譜面"といったものがイメージとして頭に浮かんでくる。なかなかの名訳ではないだろうか。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top