--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
08.21

当たるも地震学当たらぬも地震学

Category: 地震工学史
こういうことを言うと地震学を専攻している人に怒られそうだ。だが、未来を予見するという観点からすると、地震学は誕生の時から殆ど進歩していないように思われる。東日本大震災然り、先日の熊本の地震然りである。

火山の噴火については地震よりも予知しやすいのかと漠然と思っていたのだが、一昨年の御嶽山の噴火でこの甘い考えも吹き飛ばされた。

2011年3月の東日本大震災が起きる少し前、筆者は NHK で放送されていた地震をテーマにした番組を見ていた。その番組には東北地方の某大学の先生が出演されていて、今後起こるとされる南海地震での高知市の被害について見解を述べられていた。

この先生は地震学が専門ではないのかも知れないが、「高知のことより自分の大学のある東北の方が懸念されます」といったコメントはなかったと記憶している。

熊本と同じく福岡も比較的地震の少ないところである。だが、2003年3月に最大震度6弱の福岡県西方沖地震が発生した。福岡市の揺れは大きかったが、被害は比較的小さかったのは不幸中の幸いであった。

福岡市を横切る断層として有名なのが警固断層である。この警固断層について松田時彦著「活断層」(岩波新書、1995年)には以下のような記述がある(5 地域を診断する/7 九州の活断層と地震/福岡県の活断層群)。

はっきりしたことはまだわかっていませんが、警固断層は水縄断層( B 級)にくらべて、はるかに活動的でないようなので、B 級よりも下で、C 級ではないかと考えられています。だから、活動するのはたぶん数千年よりもさらにまれなことかもしれません。

福岡県西方沖地震は、警固断層そのものが動いたのではないという解釈もあるので、この記述はセーフなのかもしれないが、すぐそばの断層が数千年どころか 8 年後に動くのだったら、それについてもコメントして欲しいと素人としては思ってしまうのである。

地震学草創期の頃は、地震予知、予測への期待は今よりずっと大きかったと想像される。今村明恒が関東地震を「予知」したのは有名だが、大森房吉はそのような行為を批判する側にあった。大森が地震は到底予知出来ないという認識に立っていたからではなく、社会に与える負の影響を懸念してのことであったようである。

大森の地震予知とも言えることについて書いてある文献もある。以下は内藤多仲の「日本の耐震建築とともに」の「アメリカ式建築は不安」と題した節の記述。

大正十一年四月、東京地方にかなりの地震があった。奇しくも大地震の前年であるが、私は地震の直後、地震の神様といわれた大森博士を訪ねて"この先き大地震災は起こるでしょうか"とおうかがいしたことがある。すると先生は、これだけのものがきたのだから当分大丈夫だろう、といわれた。

つまり、地震というのは地核の運動によって起こるものだが、地核が押し合い引っぱり合う力が蓄積して、一度にこわれれば大地震が起きるが小刻みにこわれれば大地震は起こらぬというのである。神様といわれた大森博士ですら、翌十二年の大地震を予知できなかったのである。

これは予言が外れた例だが、当たったものもある。和達清夫の「地震」の「四 我が国に於ける地震の分布 付、地震帯」と題した章には以下のような記述がある。

以前は地震学者によって地震帯というものが随分重要視されたものである。その地震帯すなわち地震がよく起る帯状の地域の中で、一度大きい地震があると、その場所はその後しばらくは平穏に打ち過ぎ、その地震帯中の他の場所に於いて大地震が予期されるというので、これには大森房吉先生の有名なイタリアの地震に対する予言というのがある。

すなわち第七図のようにイタリアには 1、2、3、... というように大地震が起って来たので、その次には今までになかった 12 の所に大地震が来るであろうと考えられておられたらば果してその後そこに大地震があった。なおその後ローマの東に15番目の大地震があって、この地震帯の間隙を埋めたのである。


第七図に示される 1、2、3、12、15番目の地震の起きた州は以下の通り。

1 1638年 カラブリア州
2 1659年 カラブリア州
3 1688年 カンパニア州
12 1857年 バジリカータ州
15 1915年 アブルッツォ州

第七図を見ながら、1、2、3、12、15の地域に筆者が手動で丸印を付けたものを以下に示す。

Italy_EarthquakeHistory.jpg

丸印は手動で作成したものなので、不正確なものであることを断っておく。興味のある方は、和達清夫の「地震」を参照されたい。

現代でも地震の発生確率といったものが公表されるが、そのような数値には主観が入っているのでは?と思うこともあるので、筆者は話半分程度に聞くようにしている。発生確率の発表もないよりはあった方がいいとは思うけれど。。。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/133-ae0fc10a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。