2017
02.20

アーチ効果?

Category: 材力、構力
前々回の記事「直感に反する問題?」への追記。

art143_fig2.jpg

追記しておこうと思ったのは、上図に示した骨組の計算結果は、いわゆる「アーチ効果」のようなものかな?と思い至ったからである。ライズの低いアーチの半分を直線部材で置き換えたものと見なせば、鉛直荷重を受けてかなりのスラストが出るのは特に不思議でもない。

この例の水平部材には、2.3P ほどの圧縮力が出る。「段差」の部分の鉛直部材がもっと長かったり、「段差」が中央か端部のどちらかに寄っていれば、圧縮力はもっとずっと小さくなるのである(中央または端部だとゼロ)。

自分で書いておきながら何だが、骨組から変形していったので「アーチ効果」とはすぐに結びつかなかった。日常的にアーチやシェルを相手にしている人ならすぐにピンとくることだったのかも知れない。アーチ効果という解釈が合っていればの話だが。。。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/146-acc5ab3b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top