FC2ブログ

建築構造学事始

ビルトイン応力をどう扱う?

小野薫、田中尚共著「建築物のリミットデザイン」の第 9 章"元応力・元歪を如何に考えるか"の導入部には、ハウスナーがビルトイン応力(built-in stress)の重要性を説明する際に列挙している例と大体同じよう例が示されてれている。

但し、こちらは許容応力度設計の問題という観点からのアプローチとなっている。以下がその部分である。

構造物の内部に起る応力をできるだけ真実に近く計算して、最大応力を許容応力度以内に収める、というのが許容応力度による構造設計法(従って材料安全率の考えに基礎をおく設計法)の根本の考え方である。

構造物の内部に起る応力をできるだけ真実に近く求めるには、施工の順序や工作の誤差や、温度応力や、基礎の沈下などをすべて取り上げて、応力計算をしなければならない筈である。

現在の知識水準でできないことがあるにしても、理想はすべての現象をとり上げて、応力計算をすることにある。現在、建築の構造設計者は 温度応力や基礎沈下による応力の問題に対して、どの様な態度を以てのぞんでいるのだろうか。

この問題への対処の仕方は3タイプに分類されるとして以下のように書かれている。

 先ず第一は構造計算規準の通りに計算して、荷重による応力以外には全然関心のない無関心型の人達がある。第二は、温度応力や基礎沈下による応力も起るには違いないが、その様な現象に対する用心として、材料安全率というものがあり、長期許容応力度が低くとってあるから安心である。今迄も温度応力など計算に入れたことはないが、大して障害も起らなかったから、取り上げる必要はないと考える安心型の人達がある。

 この二つの型の人達は、構造は正確無比に、何等の元応力も元歪もなく、固定荷重も積載荷重も全然かかっていないままで作られるものと考えて、出来上った後で荷重がかかるという仮定のもとになされた応力計算から、出て来た応力が許容応力度以内に収ったとして得々としている。そして、慣れるに従って、如何にも真実の応力が計算されている様に思えて来るらしいから、習慣というものは恐ろしいものである。

 第三の型は回避型である。この型の人達は、現行の応力計算法によって得られる応力が、基礎の沈下や温度応力や施工順序や工作の誤差などの為に、本当に起る応力と相当に違った答になっている事を知っている。一方、温度応力などは正面から取り上げると相当大きな値になって、設計が困難になることも知っている為に、これらの現象を正面から取り上げることを回避して、幾分の配慮をすることによつてお茶をにごすわけである。

現在の技術水準では、ハッキリ計算にのらない現象も多いので、起りそうな現象に対して配慮されているだけに、この型の人達は、レベルが高いわけであるが、温度応力にしても基礎沈下にしても、大きな応力を起す現象であるから、何れは正面から取り上げて行かねばならない問題であるには違いない。

無関心型、安心型、回避型の人の比率は、300:29:1 くらいであろうか?

筆者はもう一つの型があるのではないかと危惧している。それは、誤魔化し型あるいは偽装型とでも呼ぶべきタイプである。これは上記のような問題に限った話でもなければ構造設計者に限った話でもない。

もっと広く昨今の研究者、技術者、販売者などにも見られるタイプである。あまりに多いので、個人のモラル云々でどうにかなる問題ではないらしい。もっと根の深いところで我々の社会に内在する問題のように見受けられる。さすがの田中しょう先生も現在のような状況は予見できなかったであろう。

脱線はこのくらいにして本の内容に戻ろう。上記の部分に続いて回避型の人達の対処法について説明されている。

 さて、それでは温度応力とか、基礎の沈下による応力とかを取り上げて考える良心的な人達はどんな考えをもつであろうか。

「例えば長大構造物における温度応力の問題である。単層ラーメンで(あるいは高層ラーメンの上部でもよい)温度変形により曲げモーメントを計算してみると長さ 40 m にもなれば地震力のそれに匹敵してくるものであり、常時においてプラスチックな状態が存在する可能性がある。これ以上の構造物ではなおさらである。

無視するにはあまりに大きな数値であり、考慮すれば現行設計ではかなりの困難を感じるものである」- これは横尾義貫博士の書かれたもの(昭和 30 年度春季大会研究協議会見聞記 建築雑誌 昭和 30 年 7 月)を引用させて頂いたものである。

温度応力を真面目に取り上げれば、塑性域が生じ、現行の長期許容応力度をはるかに上廻る応力になり、低い許容応力度を守れば、設計に困難を感じることを認めておられる。

 同じ様な事を梅村魁博士も書かれているので(塑性ラーメンの自己歪応力と終局強度、建築学会研究報告第 31 号、第 1 部昭和 30 年 5 月)、ここに借用すれば、『現在の設計では、温度、収縮応力とか基礎沈下による応力などを、水平荷重による応力と合成して設計することは、一般に行われていない。

しかしこれらの自己歪応力は、大なり小なり、必ずおこることであり、まともに弾性計算でやると、場合によっては、水平応力を超過することさえある。それが設計にとり入れられないのは、一般に「設計にならないから」と言われている。即ち断面が常識以上に大きくなってしまうからである」- とある。現行設計法に忠実なら、設計にならない程非常識な断面になることを認めておられる。

と、理屈よりも常識優先で温度応力や基礎沈下による応力を無視しているという実状が書かれている。

さらに続けて、真面目に許容応力度設計しようとすると、建物を切り離すしかないとして以下のように書かれている。

 温度応力や基礎の沈下による応力などを取り上げて、而も最大応力が許容応力度以下に収まる様にする為には、これらの応力ができるだけ小さくなるように、構造物を小さく切り離さなければならなくなる。

聞くところによると土本屋さんは、丁寧にもラーメンを 3 スパン毎に分けて expansion joint を設けて、温度応力の大きくなることを避けているそうである。物事を素直に受取ることの苦手な筆者は、3 スパンラーメンまでは公式集に答が載っているから 3 スパンラーメンで切り離すのだろうなどと、前には甚だ失礼な事を考えていた。

然し現在では、このように温度応力までとり上げて計算して、最大応力を許容応力以内に収めるというやり方は、許容応力度によって設計するという立場からは一貫した立派な設計態度であると考えなおしている。

建築に於ても、現在の低い長期許容応力度をそのまま残しておいて、温度応力をとり上げようとするとどうしても建築物はコマギレにならざるを得ない。起り得る現象を正面から取り上げて設計しようという良心的な人には、長期許容応力度がある限り、現在建っているような巨大な建物は到底設計できないことになりそうである。

たとえ建物をコマギレにしても、梁の上下の温度差によって起る最上階の梁の応力は無視できない程大きく、5℃ 程度の温度差で荷重による応力に匹敵する程大きいから、(梅村魁:鉄筋コンクリート建物の自己歪亀裂、第 18 回建築学会関東支部研究発表会梗概集、昭和 39 年 9 月)静定構造物以外は何とも設計のしようがないことにならないだろうか。

次に許容応力度設計を是とする人たちの分類がユーモラスに示されているのだが、引用が随分長くなってしまったので今回はここまでということで。。。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/161-533f9afe

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

かすみ

Author:かすみ
建築構造を生業とする者です。

このブログでは、建築構造の歴史にまつわる話を書いてみようかと思っています。

メール:kasumi.kanda16@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
建築構造史 (43)
用語 (23)
耐震工学 (6)
その他 (16)
構造解析 (21)
地震工学史 (37)
構造設計 (10)
鋼構造 (7)
木造 (2)
材力、構力 (21)
本 (9)
科学者伝 (3)
構造物探訪 (4)
構造一般 (1)

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん