--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.20

断面二次モーメントを英語では何と呼ぶ?

Category: 用語
ティモシェンコ(S. P. Timoshenko)の材料力学の本では、断面二次モーメントに相当する英語として、moment of inertia が使われている。

周知のように、初等力学で習う慣性モーメントも moment of inertia である。

Online Etymology Dictionary の inertia の説明には、未熟、怠慢、無関心などの負のイメージの言葉が並んでいるが、力学でのニュアンスは、“物体が今の状態のままでいようとする性質”とでも言えようか。物理の分野で初めてこの言葉を使ったのは、ケプラーの法則で知られるヨハネス・ケプラー(Johann Kepler)であるらしい(下記)。

inertia (n.)
1713, introduced as a term in physics 17c. by German astronomer and physician Johann Kepler (1571-1630), from Latin inertia "unskillfulness, idleness," from iners (genitive inertis) "unskilled, inactive;" see inert. Used in Modern Latin by Newton (1687). Sense of "apathy" first recorded 1822.

断面二次モーメントも慣性モーメントも、曲りにくさや動きにくさを表しているので、同じ言葉が使われているのだと思うが、不均質な部材では、両者を同じように見なす訳にはいかない。

断面が H 形のプレートガーダーを例に取ると、フランジとウェブで、または上フランジと下フランジで異なる材質の板が使われているなら、そのガーダーの静的な(曲げ)特性と動的な(回転)特性は異なってくる。

であるから、両者とも moment of inertia と呼ぶのが適当とは思えない(ただ、そういったケースはめったにないだろうとは思う)。この点では、日本語のように別の言葉で呼ぶ方が、両者を区別していて望ましいと思われる。

調べてみると、アメリカの鋼構造設計コード AISC でも断面二次モーメントは、moment of inertia であり、隣国カナダの鋼構造設計コード CISC も同様である。

しかし、同じ英語圏でもイギリスの鋼構造設計コード BS5950 では、second moment of area が使用されており、こちらは日本語と同じニュアンスである(日本語はこちらの英語を訳したものか?)。

オーストラリアの鋼構造設計コード AS 4100 も second moment of area を使用しており、これはイギリスが旧宗主国ということが関係しているのかもしれない。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/20-6ba2ec11
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。