2013
11.03

耐震設計への道を拓いた男:アルトゥーロ・ダヌッソ (1)

Category: 建築構造史
近代力学の祖と言えば、ガリレオ・ガリレイがその一人と言えるだろう。

耐震設計の源流を求めて歴史を遡っていくと、ガリレオと同じイタリア人である一人のエンジニアに行き着く。ガリレオを知らぬ者はないだろうが、このエンジニアについて知る人は、あまり多くないようだ。

そのエンジニアの名を、アルトゥーロ・ダヌッソ(Arturo Danusso)という。
今月は、彼の業績の一部について書いてみたい。

彼の名を記した日本語の文献やサイトを探したのだが、見つからないため、カタカナで

アルトゥーロ・ダヌッソ

と書くことにした。

Arturo という名の有名なサッカー選手やオペラ歌手がいるようで、アルトロ、アルトゥロなどの字を当てているものもあるようだが、ウェブで調べた範囲では、アルトゥーロが最も広く使われているようなので、アルトゥーロと書くことに決定。

Danusso は、困ったことに、ウェブで調べてもカタカナ表記されたものが見つからなかった。イタリア語を解説しているサイトを見ると、イタリア語は、大体ローマ字読みに近く、二つの子音が続く場合は、Puccini (プッチーニ)の「ッ」のように跳ねるそうなので、ダヌッソ と書くことにした。

イタリア語に詳しい方のご意見があれば伺いたい。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/3-7ad59ae2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top