FC2ブログ

建築構造学事始

フランジとは?

麦わら帽子の"つば"のことを英語では flange と呼ぶが、flange という語を Oxford Advanced Learner's Dictionary で調べると、以下のように説明されている。

Flange : an edge that sticks out from an object and makes it stronger or (as in a wheel of a train) keeps it in the correct position

このように、フランジという語は、あるものから"飛び出した部分"を表していることが分かる。この辞書の説明の後半は、電車の車輪フランジについて言っているが、建築構造の分野でフランジと言えば、H 形鋼のフランジがまず思い浮かぶ。建築学用語辞典には、以下の説明がある。

フランジ : H 形や I 形の断面で張り出している板部分、または管の外周に張り出しているつば状の部分。

これ以外にも、アメリカのコンクリート設計コード ACI 318 などを読んでいると、flanged sections という言葉に出くわすことがあるが、これはスラブの一部をはり断面と見なす T 形はりや L 形はり(見た目は逆 L 形だが)の断面を意味する。

もう一つ飛び出した部分といって思い出すのは、基礎のフーチングであるが、これを flange と呼んでいる英語の文献には今のところ出会ったことはない。Overhang という表現が使われているものなら何度か見たことがあるので、どうもフーチングに対しては flange とは言わないらしい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/38-54d84c71

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

かすみ

Author:かすみ
建築構造を生業とする者です。

このブログでは、建築構造の歴史にまつわる話を書いてみようかと思っています。

メール:kasumi.kanda16@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
建築構造史 (43)
用語 (23)
耐震工学 (6)
その他 (17)
構造解析 (22)
地震工学史 (37)
構造設計 (10)
鋼構造 (7)
木造 (2)
材力、構力 (21)
本 (9)
科学者伝 (3)
構造物探訪 (4)
構造一般 (1)
防災 (1)

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん