--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.29

金井清よりも前に「発見」されていた?(末広恭二のアメリカ講演より)

Category: 地震工学史
比較的最近の研究で、ある地点の地盤の卓越周期は、震源が異なると(つまり違う地震だと)1秒くらいも違ってくることもある、というある意味深刻な報告がされているのを目にしたが、今回取り上げる内容は、卓越周期という概念がおぼろげに形成され始めた、まだ牧歌的な(?)頃の話である。

卓越周期といえば常時微動、常時微動といえば金井清、という図式が筆者の頭の中に形成されてしまっているが、これは大崎順彦著「地震と建築」を読んだことに負うところが大きい。同書の「素晴らしい発見・常時微動」と題した節では、ある地点の地盤の卓越周期と地震動の周期特性を簡単に知る方法として微動計測が有効なことや、そのことを発見した金井清について書かれている。

そして、その節は以下のような文で結ばれている。

「大地の雑音である常時微動、その雑音の中に真珠があり、しかもそれが地震動のミニチュアなのだという素晴らしい発見は、すべて地震工学者金井清の業績であって、国際的にも名高い。」

金井による常時微動の研究成果として海外の研究者にも引用される文献は、"On Microtremors VIII"というタイトルの論文であることが多いようである。この論文は、1961年に出版されていて、"On Microtremors"という一連の研究報告の総括のような内容となっている。今回調べてみるまで、金井清が微動研究を行っていた時期を、漠然と1950年くらいかと思っていたのだが、その考えは当たらずとも遠からずであった。

しかし、「地震と建築」に書かれている "すべて地震工学者金井清の業績であって" の部分は、どうやら言い過ぎのようである。というのも、末広恭二のアメリカ講演の記事には、すでに常時微動と地震動の周期特性の類似性に言及している部分が見られるからである。

それは、(本ブログの「名前のない地震」という稿で取り上げた)4つの地震記録を検討しながら、加速度計の必要性を強調する文脈において述べられている。変位を記録する地震計から読み取った周期が広い範囲に分散するのに対し、加速度記録の周期は非常に狭い範囲(本郷では0.3秒から0.4秒の間)に限定されるという事実を示した後で、末広は以下のように常時微動と地震動の周期特性について述べている。

"With respect to this important fact, it is worthy of note that Hongo is habitually subjected to micro-tremors at ordinary times, and during earthquakes to habitual motions with a period 0.3 sec., or so, and it is this period that prominently appears in the accelerations."

"Habitual"には、“常習的な、常時の、いつもの、普段の、不断の”といった意味があるが、micro-tremors(microtremors)という語は、habitually を付けなくても、今では常時微動という言葉がそのまま対応する。Habitual motion は、同じように訳せば“常時動”であろうが、“普段の動き”と平たく言ったほうが分かりやすいかもしれない。

要するに、地震時に加速度の周期として現れるのは、“普段の動き”の周期であり、本郷の場合はそれが0.3秒くらいであると言っているのである。この後に、控えめであるが、一般化した結論として、以下のように述べている。

「このため、積極的に述べることはできないものの、卓越する加速度を生じる地震動は、その地域に生来の常時動によるものと思われる。」
(Therefore, although I cannot say positively, the motions of an earthquake that cause the predominant accelerations seem to be due to the habitual motions inherent in the district.)

さらに続けて、同じことが低地(low ground)でも成立するかについて言及しているのだが、今回はここまでにしておきたい。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/45-63560189
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。