--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.29

はり、柱およびはり柱

Category: 用語
日本の住宅は今でも木造軸組み構造が主流なので、はり(梁)や柱という言葉は一般の人にも馴染みがあるようである。建築が専門でない人が相手でも、これらの用語を使う際に特に説明はいらないだろう。

だが、専門的にはこれらの用語はどのように定義されるのであろうか?岩波の建築学用語辞典を見てみると、以下のような説明が載っている。

梁: 二つ以上の支点の上に架けられた構造部材、あるいは一端が固定された片持ち形式の水平な構造部材。
柱: 屋根、床、梁などの荷重を支え、下部の構造に伝える垂直部材。

これらに対応する英語は一つでは無いだろうが、beam と column が最も代表的なものと思われる。構造の専門用語としての意味について見るため、AISC 360-10 の glossary を参照すると、beam と column には以下のような説明がある。

Beam : Nominally horizontal structural member that has the primary function of resisting bending moments.
Column : Nominally vertical structural member that has the primary function of resisting axial compressive force.

名目上、はりは曲げ、柱は軸力に抵抗する部材であることが分かる。

これらのほかに、構造の専門用語には、はり柱(beam-column)というのもある。AISC 360-10 の説明は以下。

Beam-column : Structural member that resists both axial force and bending moment.

構造力学や構造解析では、軸力がゼロの部材をはりと呼ぶことも多いようである。だが、"名目上"であるから、そうでない場合もある。例えば、ブレース付きラーメンのはりなどのように、大きな軸力が作用するものもある。軸力が大きいからといって、水平部材を柱とは言わないであろう。同様に、柱と言っても大きな曲げが作用する場合だってある。

この辺は定義があいまいなので、全て"はり柱"と言っておけば無難なのであろうが、はり柱という用語は、構造が専門の人にも日常ではあまり使用されないようである。W F Chen, E M Lui 著 "Structural Stability" の Chapter 3 Beam-columns には以下の説明がある。

A beam-column is a structural member that is subjected to both bending and compression. In reality, all members in a frame are beam-columns.

序に言うと、鋼構造座屈設計指針の柱の章では、柱と書いているが、対応する英語として beam-column が当てられている。

はりのことをビームと呼ぶと、一般人には急に通じなくなる。これは、"ビーム光線"のビームの方を連想してしまうからのようだ。あるテレビ番組で「ガードレールの端の丸く折り曲げられた部分を何と呼ぶか?」というクイズが出されていて、答えは"袖ビーム"(端以外は単なるビームと呼ぶ)なのだが、回答者は、答えを聞いても何故ビームと呼ぶのか最後まで納得いかないようであった。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/48-df0417b9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。