--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.20

震度0.1にまつわる話(7)(内藤多仲が採用していた震度)

Category: 地震工学史
内藤多仲が実践していた耐震設計法が震度 0.1 の規定に影響したらしいということは、多くの本や資料に書かれている。例えば、大崎順彦著「地震と建築」にも以下のような記述がある。

「日本における耐震建築第一号は、早稲田大学教授内藤多仲が独自の発想に基づいて耐震設計を行った、東京丸の内の日本興業銀行本店である。この建築は、竣工直後に関東大地震に遭遇し、アメリカ直輸入の工法によった当時著名な大ビルディングがことごとく崩壊したり大破した中にあって、ビクともしなかったことから、内藤の名は耐震工学の第一人者として、一躍世界的に有名になった。実際このときの内藤の発想と、この建築の耐震設計に用いた地震動の強さの評価値とは、その後今日に至るまで、設計手法の原点をなしている金字塔なのである。」

この後に佐野利器の震度の説明があり、続けて以下の記述がある。

「それでは肝心の震度 k の値を、いくらとすればよいのか。これには関東大地震の際に、崩れ去った多くの建築の中で、ビクともしなかった日本興業銀行の体験が決め手となった。設計者の内藤多仲は、この建築の耐震設計にあたって震度 2/15 つまり 0.133 という値を使っていたが、これよりさらに安全をみて震力を大き目に見積もることとし、関東大地震直後の 1924(大正13)年に「市街地建築物法」という法律で、以後の耐震設計には震度 0.2 を用いるよう規定した。」

内藤多仲の用いていた震度は、後述するが、震度 2/15 ではなくて 1/15 である。震度 0.1 も 0.2 となっていて不可解である。よく知られているように、震度 0.1 は後年 0.2 に引き上げられたので、このことが頭にあったために招いた誤植なのかもしれない。

内藤多仲自身による説明は、「日本の耐震建築とともに」という本の「建築構造学を育てる」という節に以下の様に書かれている。

「私の専攻する構造学の由来をただせば、佐藤(功一)先生が構造法という技術に対し構造学という学問があるべきといわれた。つまり先生の示唆で建築構造学という学問が生れたのだ。(中略)「鉄骨接手やその剛度(かたさ)に関する実験的研究」と「架構(ほねぐみ)や耐震壁を中心とする理論的研究」とその二つをまとめ上げて論文にする考えであった。」

「理論の方はこれを二、三の建物について、実際の設計の応用した。最初に設計した興銀や歌舞伎座などはその実例である。当時、大森博士は地震の神様という尊称を奉られていたが、博士から指導を受けたわれわれは、地震震度を 1/15 - 1/20 と考えて設計したものである。」

内藤多仲の行った講演「日本の耐震建築の変遷」にはもっとはっきりと 1/15 の数字が出ている。

「いま日本興業銀行の構造設計の大要を述べれば次の通りである。(中略)耐震計算としては分布係数は内部架構 1 に対し外壁部は 3、鉄筋壁は 10 とし、地震震度は 1/15、材料強度は ft = 1150 kg/cm^2、ft = 45kg/cm^2 とし静的に計算したものである。」

不可解と言えばもう一つ。但し、こちらは「地震と建築」ではない。

内藤多仲は、関東大地震を経験したことで鉄骨造に不信感を持つようになり、同時に RC 造を信奉するようになったと紹介している本もあるが、内藤自身はこれと全く反対のことを言っているのである。

「震災のとき一番強いといわれていた鉄筋コンクリートがボロを出し、見ようによっては一番弱いという感じを与えたのは皮肉であった。三田の日本電気などはアメリカ商社にすすめられ、増設分の工場などを鉄筋コンクリートにしたところ、結果は正反対、前から建っていた煉瓦造りの倉庫は安全で、鉄筋のほうはメチャメチャになってしまった。」

「そのほか東京電気、日立をはじめ鉄筋コンクリートのものは工場でもビルでもずいぶん崩壊したものが多かった。一番丈夫であるべきはずのものでも、設計や作り方によってはもっとも危険なものになるということが立証され、復興建築にたいしてよい参考となったわけである。これにくらべ、鉄骨建築自体の損害は比較的少なかった。丸ビルの間仕切り、壁の鉄筋筋違(斜めの材)が切れたのがかなりあったこととか、東京会館の柱が15センチほど曲がり壁が落ちたようなことがあるにはあったが、致命的なものではなかったのである。」

これは「日本の耐震建築とともに」の「関東大震災と耐震建築」という節に書かれているものである。RC 造でもアメリカの言うままにやっていてはダメだ、自国の状況に合わせてきちんと考えて作らないと、ということなのだろう。「アメリカのセールスエンジニア」という言葉が何度も出てくる。この辺りの状況は、東日本大震災の際の原発事故とダブって見えるのだが、どうだろうか?

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/72-5d92f0c8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。