--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.27

震度0.1にまつわる話(8)(「家屋耐震構造論」に出てくる震度)

Category: 地震工学史
今回は、震度 0.1 からちょっと脱線した話である。

「家屋耐震構造論」の「第六章 木造家屋」の「第一節 木造家屋の震害一般」では、木造家屋の被害状況と震度の対応について検討されている。そこでは、大森房吉、今村明恒らの行った調査、研究結果も参考にされたことが書かれている(原文はカタカナ文。読みやすいように一部変更)。

木造家屋被害の一般的性質に関して記述されたるもの少なからず。大森博士著地震学講話、今村博士著地震学、または震災予防調査会報告、建築雑誌等に散見するものこれなり。余またここに震度と災害との関係について卑見を略述せんと欲す。

この後に、「震度 0.1 以内」、「震度 0.2 に達するとき」、「震度 0.3 に達するとき」、「震度 0.4 に達するとき」のそれぞれの震度について、建物のこの部分がこんな風に壊れるといったような具体的な被害状況の説明が与えられている。

順序は前後してしまうが、「第四章 鉄骨造家屋」には、1906 年のサンフランシスコ地震の際のサンフランシスコにおける震度を推定した記述も見られる(「第一節 鉄骨造家屋の既往の震害」の「第一項 構造の種類とその震害」)。

余は当時、中村工学博士に従って加州の震害を調査し、桑港における震度を判定して高所硬地質の辺においては 0.1 を上らざるべく、下町の商業地においては少も 0.2 ないし 0.25 に達したるべきを認めたり。

加州とはカリフォルニア州、桑港とはサンフランシスコのことである。

サンフランシスコ地震は、その発生年内にアメリカ地震学会が発足されるきっかけとなるなど、アメリカの地震学の歴史に重要な意味を持つ地震であるが、以下の記述を読むと、この地震は佐野利器を通してその後の日本の耐震建築の方向性にも大きな影響を与えたことが分かる。

加州震災は吾人に甚だ有益なる教訓を与えたり。鉄骨造家屋の耐震価値に就きては当時いまだ定論なく、消極の論をさへなすものありたり。要するに疑の問題なりき。従って我が煉瓦造はいかにしてこれを耐震的にならしめ得べきかについては確然たる進路なかりき。

吾人は加州震災の経験に依りて吾人の進路を確立するを得たり。即ち煉瓦造石造家屋は鉄骨構造となし、かつその手法を考究改善することによってこれに殆ど完全なる耐震性を与ふるを得べきことを立証するを得たりなり。この点において加州震災は実に吾人の恩者なりと言ふべし。

煉瓦造や石造にどのように耐震性を与えるべきか見当も付かなかったものが、この震災調査によって進むべき道が分かった。その意味でサンフランシスコ地震は恩人であるとまで書いている。

「家屋耐震構造論」が上梓されたのとちょうど同じ頃に佐野は東京駅の構造も手掛けている。この東京駅では鉄骨煉瓦造と言える構造が採用されたのは、上記のような知見が影響したようである。

よく調べた訳ではないので推測になるが、内藤多仲のお家芸である鉄骨を鉄筋コンクリートで包む構造、つまり現在で言うところの SRC 造もアイデアの源流は上記の佐野の見解にあるのかも知れない。

ヨーロッパでは、建築材料が石からコンクリートへ移り、コンクリートを補強する必要から鉄筋コンクリートが出てくるのは自然な流れだが、日本では RC 造が入ってくる( RC も佐野がサンフランシスコ地震で耐震性が高いと見なしたものである)のと同時期に、鉄骨煉瓦造や SRC 造が考案されているのが面白い。

日本では木造軸組建築がメインであったから、煉瓦造石造に鉄骨を組み合わせるという発想が出てきたのであろうか?それが鉄骨の補強に RC を使うことにも繋がったのかも知れない。この辺り、もう少し詳しく調べてみたいが、これは一先ず置いておいて、「家屋耐震構造論」にある木造についての内容を再度取り上げてみたい。というのも、現代の木造建築(主に住宅だが)にも繋がるなかなか興味深いことが書いてあるのである。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/79-a3440d5d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。