--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.30

ピンとヒンジ

Category: 用語
ピンとヒンジは、ほぼ同じ意味の言葉として使われる。建築学用語辞典にも以下のように書かれている。

ヒンジ =ピン節点。

ピン [1]接合に用いる丸い断面をもつ棒状の部品。[2]部材力だけは伝達し、曲げモーメントは伝達しないとする部材接合部分。

ピン節点 回転の自由度を拘束せずに部材相互を接合した節点。(=ヒンジ)

しかし、実際の使用上両者は全く同じというわけではなくて、半ば無意識に使い分けられこともある。例えば、「塑性ヒンジ」という言葉はよく聞くが、「塑性ピン」というのは聞いたことがない。この場合、ピンは曲げモーメントがゼロで、ヒンジは曲げモーメントが非ゼロであるいう違いがあるようだ。

骨組の塑性論や塑性解析といった分野では、ヒンジの内容はさらに拡張される。曲げモーメントだけでなく、軸力やせん断力の成分を含めた塑性ヒンジもあれば、断面内や軸方向の塑性域の広がりの効果を取り込んだものまである。

なので、建築学用語辞典の説明とは反対に、ヒンジの方がピンよりも広い概念を持つと言えそうである。集合論(?)の記号で書けば、(ヒンジ)⊇(ピン)である。

もっと一般的な使われ方でも(ヒンジ)⊇(ピン)と言えそうだ。例えば、電車の連結部(蛇腹のようになっているところ)をヒンジと呼んでもよさそうだが、ピンとは呼ばないだろう。ピンと呼んでよさそうなのは、その一部を構成する連結器(鉛直軸回りの回転がフリー)の部分ではないだろうか。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ksmknd16.blog.fc2.com/tb.php/96-3a6f39a1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。